head_img

ルテインと目の健康

アントシアニンと同じく注目されている目の健康成分「ルテイン」

photo 視界がぼやけるといった目の悩みを解決する栄養素として「ルテイン」が注目されています。ブルーベリーのアントシアニンが目に良いとはよく効きますが、ルテインってなんだろう?どんな成分でどんな食べ物に含まれているの?そんなルテインに関する情報をまとめました。


ルテインとは?

生体内で酸化防止剤の役割を果たす抗酸化物質!

ルテインはβカロテンやアスタキサンチンといったカロテノイドの一種です。ルテインはこのカロテノイドの中でも強い抗酸化作用を持っていることから人体、特に目のアンチエイジングに必要不可欠な栄養だと言われています。今ではルテインを配合したサプリメントもかなりの数があり、ブルーベリーのアントシアニンと一緒に摂取したい抗酸化物質ですね。ホウレンソウやにんじん、かぼちゃといった緑黄色野菜に多く含まれており、脂溶性の分子のため水で洗い流されにくい成分です。だからアントシアニンと違ってとても摂取しやすい栄養素でもあります。続きは作成中。


ルテインの効果・効能

ルテインは視力低下、視界のぼやけ、眼病予防に効果があり、視界について何かしらの悩みを持っている方に必要な抗酸化物質です。実はルテインは目の水晶体や黄班部にもともと分布しており、毎日、青色光(ブルーライト)や紫外線などの強い刺激から網膜を守ってくれています。偏食などでルテインの摂取量が減ってしまったり、長時間、携帯やテレビ、パソコンといった光を発する機器を使用していると体内のルテイン量が不足してしまい、青色光(ブルーライト)や紫外線などの強い刺激が眼球奥に届くようになってしまいます。これが視力低下、視界のぼやけ、眼病予防の原因となります。続きは作成中


ルテインが多く含まれている食品

海外の研究では眼病予防、視覚機能改善に必要なルテインの推奨摂取量は成人男性・成人女性の場合、1日6mg程度だと分かっています。青汁などでよく使われているケールであれば100g中に20mg程度もルテインが含まれており、数ある食品の中でも圧倒的な含有量ですね。しかし、スーパーなどには売っていないですよね・・。ホウレンソウの場合だと、ルテインは100g中10mg程度含まれています。なので毎日ホウレンソウを3分の1程度食べることでルテインの必要摂取量をクリアすることができます。鉄分も取れて一石二鳥ですね。続きは作成中


ルテインサプリメント一覧

作成中


人気のページ


ページトップに戻る